ブログ

焼入れ鋼加工 / cBNエンドミル

焼入れ鋼加工 / cBNエンドミル

耐久データ – cBNラジアスエンドミル 切削テスト

テスト目的
cBNラジアスエンドミルを使用して、従来の超硬エンドミルでは加工効率の悪さと工具寿命の短さのため困難とされる高硬度材への細溝加工を試した。

テスト環境
機  械 YBM-640V
被 削 材 SLD(HRC60)
切 削 液 オイルミスト
使用工具 協和精工(株)製cBNラジアスエンドミル(φ1×R0.1×6(有効長))

テスト内容
80×60×30mmのブロックに幅1mm、深さ6mmの溝を掘り込み、200倍での目視により評価する。

加工条件
主軸回転数 :18,000rpm(56.5m/min)
送り速度 :500mm/min(0.013mm/tooth)
切り込み :10μm×600回/1溝
切削長 :80mm×600回=48000mm(48m)/1溝
加工時間 :1時間42分/1溝

テスト結果
cBNラジアスエンドミルにて高硬度材に幅1mm×深さ6mm×長さ80mmの溝を10本加工することが可能であった。しかし、5本目以降の溝ではコーナー部に磨耗またはチッピングの跡が見られる。従って総切削長は48m×10溝=480mmだが、現実的には48mm×4溝=192mmとなる(超硬エンドミルの場合は1本で1溝加工が限度)。ただ、切削速度をもう少し(1.5~2倍)上げれば、もっと好条件での加工が可能になると思われる。

ガラス微細加工データ – ボールエンドミル加工

Table 1 Cutting conditions
Workpiece Pyrex
Tool cBN, R0.2mm
Feed rate 0.24mm/min
Axial depth of cut 20μm
Rotation rate 20000rpm, 40000rpm, 60000rpm
回転数と切削油剤が加工面に及ぼす影響
回転数 Machined edge Machined surface
20000rpm ti02_img01 ti02_img02
40000rpm ti02_img03 ti02_img04
60000rpm ti02_img05 ti02_img06

関連記事

プレスリリース

  1. 「無垢単結晶ダイヤモンドエンドミル工具」の開発に成功「超硬材の鏡面仕上げ」ができる「一枚刃」と「...

おすすめ記事

  1. CBN Spiral fulute ball endmil SKD11(HRC60)
    CBNスパイラル刃ボールエンドミルR1.0(SBBE-2)による加工事例です。
  2. CBN 3Flutes corner R endmill ELMAX(HRC60)
    CBN3枚刃スパイラル刃ラジアスエンドミル(SBREF-3)による加工事例です。
  3. PCD Spiral flute endmill (ceramic)
    スパイラル刃PCDボールエンドミルによるセラミック加工事例です。

アーカイブ

ページ上部へ戻る