ブログ

アルミ(非鉄金属)加工におけるPCD工具の優位性

アルミ(非鉄金属)加工におけるPCD工具の優位性

PCDエンドミルvs超硬DLCコート付

sg02_img01

被削材 アルミ合金
使用工具 φ0.9スクエアエンドミル
回転数 15.000㎜/min-1
切込み量 0.05㎜
加工方法 平面加工
面精度
PCDエンドミル Ra2.52μm
超硬DLC Ra3.69μm

【まとめ】
PCDエンドミルは100m加工しても摩耗変化はほとんどなかった。また、材料との親和性が極めて低い為、切粉の溶着も少なく、面精度が良好だった。

関連記事

プレスリリース

  1. 「無垢単結晶ダイヤモンドエンドミル工具」の開発に成功「超硬材の鏡面仕上げ」ができる「一枚刃」と「...

おすすめ記事

  1. CBN Spiral fulute ball endmil SKD11(HRC60)
    CBNスパイラル刃ボールエンドミルR1.0(SBBE-2)による加工事例です。
  2. CBN 3Flutes corner R endmill ELMAX(HRC60)
    CBN3枚刃スパイラル刃ラジアスエンドミル(SBREF-3)による加工事例です。
  3. PCD Spiral flute endmill (ceramic)
    スパイラル刃PCDボールエンドミルによるセラミック加工事例です。

アーカイブ

ページ上部へ戻る